ground co.,LTD

  • Brand
  • Shop
  • News
  • blog
  • onlinestore
  • recruit

Blog

2016/07/26/

CHIE MIHARA新入荷!

毎日暑くて、休みの日も外へ出ていく気がしません。

人込みも苦手なので、夏休みも始まったこの時期は、いろいろ憂鬱です。

 

月末から、ゴジラやターザンの最新作が公開されるので、見たい気持ちは

あるのですが、すごく込んでそうで、行くかどうか迷います。

仕事以外は、引きこもりに近い状態に陥っております。

どこか、空いてて楽しい所はないものでしょうか。

 

 

さて、気を取り直して、前回予告していたとおり新作のご紹介をしていきたいと思います。

毎回大人気の「CHIE MIHARA」です。

 

MINAMI/ネイビー ¥47,000+税

 

相変わらず、ラインがめちゃめちゃ綺麗です。

濃い目の使いやすいネイビーなんですが、サイドのカットワークも効いていて

無難にならないのがいいです。

 

ヒールは7,5センチで、前も1センチ程厚みがあるので、見た目に反して楽です。

履きこみは浅目なので、足がきゅっと綺麗に見えます。

ナチュラルストッキングや素足で履いて頂ければ、今からでもいけます。

そして、秋からは濃いめのタイツや靴下で。

使用期間はかなり長めだと思われます。

 

すでに、1番小さいサイズは売れてしまってます。

こちら一番お急ぎ頂きたい商品です!

 

XUCA/ブラック ¥47,000+税

 

お次もパンプスです。

こちらは、サイドが完全にカットされているデザインですが、去年も似たようなデザイン

のものが出ていましたが、こちらも完売するの早かったです。

 

こちらは、8,5センチヒールですが、前は2センチの厚みがあるので、先程のと傾斜は

変わらないですね。

 

素材のアップはこんな感じです。

スウェードに塗料を散らしてあります。

 

右は同じデザインの素材違いです。

XUCA/BLK/WHT ¥49,000+税

 

素材が違うので、お値段も少し上がります。

プリントのエナメル素材に型押しして、溝部分は表面をめくったような状態です。

手が込んでますね。

 

ERIC/パープル ¥55,000+税

 

「うわっ!」と思ったそこの方。

もちろんいい意味でですよね。

 

履いてみれば、この可愛さに買って帰りたくなること請け合いです。

多色使いですが、全体的に渋めの色味なので、意外と合わせやすいのです。

4センチヒールですが、ほぼ傾斜は感じないと思います。

つま先のメッシュといい、こちらも手が込んでます。

 

QUELUZ/ブラック ¥55,000+税

 

こちらは、丈的にはブーティ―ですかね。

少しハイカットになってます。

スウェードと表革のコンビで、こちらは最初のパンプスと一緒で、黒なので合わせやすいん

ですが、履くと、ちょっと他にはない可愛さです。

 

踵は少しゆるめの仕様になってますが、甲できっちり留めてしまえます。

ベルトである程度は調節可能なので、靴下の厚みも悩まなくてよしです。

 

 

GRIFO/ネイビー ¥65,000+税

 

ブーツです。

早いですけど、入荷してます。

冷やし中華もかき氷も始まったばっかりでも、ブーツ入荷してます。

 

早いと思われてても、気になる頃には売り切れてる予感がぷんぷんする商品です。

 

これ、8,5センチヒールで、前も1センチしか厚みないので、傾斜は1番あるのですが、

個人的には1番履きやすかったです。

ダッシュできると思います。しないですけどね。

 

これも、クセが強そうに思われると思いますが、すごい馴染みます。

つま先と甲がネイビーで、切り替えがブラウン。

筒がベージュ寄りのグレイで、踵が黒寄りのグレイ。(でもチャコールまではいかない)

いろんな色を使ってますが、落ち着いた色味で統一感があるので、合わせやすいのです。

 

 

世間的には夏真っ盛りですが、店頭は秋物の充実度が日に日に上がっております。

秋物なんて早い、と言わずに、サイズのある内にぜひご試着だけでもしに来て下さい。

 

特にCHIE MIHARAは人気も高く、例年履きたくなる時期には、もうサイズがあまり

残ってない状態の事が多いです。

CHIE MIHARAは価格的にも少し高価ですが、それだけの価値が十分にあります。

というより、お値段以上かもと思うこともしばしばです。

 

取り敢えず、休みの日で、暑かったらぜひ店頭で試着しに遊びにきて下さい。

冷房効かしてお待ちしております!

 

 

グラウンド南船場店 倉本

ページトップへ